寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

「計算問題、応用問題を解く」地雷を踏まない。

アシスタント島崎です。

今日の質問は「「応用問題、計算問題」はじめから捨てても合格できますか。」に関連した質問。

 

得意な人以外ははじめから捨てたほうがいい。

本当の意味。

本番で計算問題や応用問題を解いて不合格になった人がいるという事実。

毎回、こんなことを言ってるのでまわりから不謹慎と怒られていますが。

合格できる実力がありながら不合格な人のことです。

もう少し詳しく説明しないと誤解されますので続けます。

前回の繰り返しです。

計算問題や応用問題は、選択する問題と比較すると10倍かかります。

何が10倍かというと、時間と労力と細い注意力。

応用問題では細かく注意しないとわからない伏線が3つは隠れてます。

ですから、応用問題や計算問題を解くのに5分も10分もかかってしまう。

それよりか選択問題を見直してケアレスミスを避けるほうが効率がいい。

また、この試験は30問のうち18問正解すれば合格できる試験だからです。

ですから皆さんが目指すのは21問、凡ミスを3つしても合格できること。

それでも18問正解で合格できます。

それに、多くに受験生が計算問題や応用問題が苦手だという事実。

当然、計算問題や応用問題を得意な人は捨てずに正解数を増やせばいい。

でも、本番で「計算問題や応用問題」に時間を使いすぎて、頭が真っ白になってグダグダになった人がいることを理解した上で試験に取り組んでください。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →