寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

交通事故の要因、用語の解説

今日は用語の解説とは少し違います。

最近の問題に対処するためには問題のパターンを知っておく必要があります。

たとえは、交通事故の要因は3つあります。

1.物2.人間

それでは、もうひとつは何でしょうか。

この種類の問題は一度見ておけば応用が効きます。

次の3つです。

頭の片隅に入れておいてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交通事故の要因は、大きく分けて3つに分けられる。

1.物(自動車、バイク、自転車、歩行者など)
2.人間(認知、決定、判断、操作など)
3.環境(道路構造、環境構造物、視界・景観・天候など)

様々な角度から情報を収集、分析する必要がある。
また再発防止対策の検討においては背後に潜在する危険要因を排除する必要があります。

セミナー、模擬試験はまだ間に合います。

興味がある方は

こちらをご覧ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は3つ。 1.ヤマを張ることがうまい。 2. 暗記法 3.過去問学習法 です。 この3つが寺子屋塾式合格法の秘密です。 この3つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →