寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

停止距離と空走距離と制動距離、用語の解説、

試験まで後16日です。

今日は85%出題される可能性があります。

停止距離と空走距離と制動距離の関係です。

自動車の運転者が走行中に急ブレーキをかけて自動車を停止させるまでには,一定の距離が必要になる。
運転者が急ブレーキをかけようと判断した地点から自動車が停止した地点までの距離を「停止距離」というが,この停止距離は,空走距離と制動距離とに分けられる。

停止距離 = 空走距離 + 制動距離

空走距離
  空走距離というのは,運転者が(1)危険を感じて急ブレーキが必要と判断した時点(2)アクセルペダルから足を動かし(3)ブレーキペダルに足を乗せ(4)これを踏み込んでブレーキが効き始める時点までの距離である。この間の制動措置を取るまでに要する時間を「反応時間(空走時間)」という。


制動距離
  制動距離というのは,制動措置によりブレーキが効き始め,車輪の回転が止まり,自動車が滑走した後に停止するまでの距離である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は2つ。 1.過去問学習法 2.暗記法 です。 この2つが寺子屋塾式合格法の秘密の両輪です。 この2つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →