寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

講座と費用について

shop-osusume_r4_c5講座内容

11cfb2751fedb18907d78e341e0af803_l運行管理者試験対策(貨物自動車)

————————————

商品名:寺子屋塾式合格講座 セット

価格:3500円(税込み)

(1から5までのセット価格)

 これだけで1月当たりタッタ875円です。(試験4ヶ月前にスタート)

尚かつ、申込後1年間は最新版が届きます。

1.メールマガジン(過去問)

一日7回定時配信

(毎日7回分の過去問、26年-28年の7回分を年度別に毎日)

希望者は25年2回も追加可能

あなたのメールアドレスに申込後12ヶ月届きます。

たとえば、6ヶ月では1200回繰り返しメールアドレスに配信されます。

嫌でも毎日過去問を繰り返し学習できます。

28年2回試験問題は5月より配信。

2.過去問解説(読み切り形式)

過去問、解答と解説

25年-28年9回分の解説

28年2回試験問題解説は5月配信

3.出題予想模擬試験2回(マークシート付き)

過去問と法令改正等の情報により、試験1ヶ月前に配信

4.過去問データ集 

過去問をジャンル別にまとめたデータ集

過去の出題傾向に基づき効率的に過去問が学習できる。

最新版は5月中旬に配信。

5.動画セミナー(応用問題と計算問題、労働基準法の拘束時間、運転時間等の定形問題)

応用問題等はわかりにくく理解し難いです。

そこを動画にてわかりやすく説明します。

動画ですので繰り返し見直すことが可能です。

(過去7回試験問題)

————————————

商品名:寺子屋塾式暗記法

(受験経験があり今回必ず合格したい人向き)

価格:7500円(税込み)

合格者が実践して編み出した方法です。

動画配信ですから何度も繰り返し学習できます。

繰り返しますが何度も不合格になり苦労している人に向いてます。

寺子屋塾式暗記法はイメージすることで試験場で答えがまぶたに浮かんできます。(塾生の感想)

価格は高いですが効果抜群で実績を残してます。

1.入門編 

暗記法の基礎から学びます。

2.実践・応用編

過去問をゲーム感覚でスラスラ覚えられます。

覚えないから試験場で確実に答えが映像として復元できます。

実際の過去問をスラスラと覚えられます。

テキストファイルと動画で配信します。

希望者はメールマガジンでも毎日配信します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 期間限定 特別価格

寺子屋塾式合格講座と暗記法、2つのセットを同時お申込みの場合!

寺子屋塾式合格講座セットと

寺子屋塾式暗記法セットを同時にお申込みの方は

価格10000円(税込み)で購入できます。

 お申込みはこちらから

 

アメ-バブログ

ブログで運行管理者試験情報を発信してます。

mail3_1mousikomi02-003

back7_1

 

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 寺子屋塾は運行管理者試験に一回で合格することを目的に始めた塾です。 試験は毎年難しくなっています。 何年か受験指導をして、一発で合格するには正攻法と裏技が必要なことがわかっています。 寺子屋塾は合格した先輩が編み出した方法を改善しながら積み重ねています。 短期間に一番やさしく合格するには、合格した先輩のやった方法を真似るのが確実な方法です。 また、毎日運行管理者の業務をしているから実務に基づいた視点で試験対策のアドバイスをしてます。 運行管理者の試験が難しくなって、運行管理者をしている私の周囲ではいろいろな影響が出ています。 何度も不合格になって資格の取得をあきらめた人が多く事業にも支障が出たり、昇進を諦めたり、まわりの人に影響が出ています。 また、実際に見てきました。 ほとんどの人は、事業を継続するために、毎日の仕事をするために運行管理者の証書が必要な人です。 そんな人でも勉強の仕方を少し変えただけで何人も合格できました。 こんなことが本当に起きたのです。 私のまわりので苦労せずに合格できた人が増えてます。 「こんな簡単な方法があったのか、もっと早く知ってればよかった」といって感謝してくれたのです。 その方法が寺子屋塾の「メールマガジン」と「暗記の方法」です。 もし、あなたが少し勉強の仕方を変えるだけで合格したいのなら、ぜひこの方法を試してください。 できるだけ多くに人が参加できるように講座受講料は安くおさえてあります。 合格に不安を覚えたら一度試してみてください。 皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →