寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

指差呼称、用語の解説

連休は試験勉強がはかどります。

毎回、なぜか試験1ヶ月前に新たに入会する人が多いですね。

タイミングがあるんでしょうね。

まだ、あきらめてはいけません。

今ならまだ十分時間がありますから合格できます。

メルマガでの過去問配信も試験前に配信完了できます。

それでは、今日の用語解説です。

電車の車掌さんが大きな声で発車前にやってるやつです。

詳しい内容はわかりませんが

ドアホーム、オーライ!
発車~

って言ってます。

指差呼称は、運転者の錯覚、誤判断、誤操作等を防止するための手段であり、道路の信号や標識などを指で差し、その対象が持つ名称や状態を声に出して確認することをいい、安全確認に重要な運転者の意識レベルを高めるなど交通事故防止対策に有効な手段の一つとして活用されている。

安全運行のための有効な手段ですから、出題される可能性大です。

昨日のセミナーも質問がたくさんありました。

過去問をいつの分からやったほうがいいかの質問がありました。

「合格のするためには」という意味では答えは24年度1回試験から前回の試験まで7回分をやれば十分です。

理由は24年2回試験から25年10月に実施された法律の対応して試験が難しくなったのが24年2回試験からだからです。

詳しい事はメルマガで配信してます。

こちらです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は3つ。 1.ヤマを張ることがうまい。 2. 暗記法 3.過去問学習法 です。 この3つが寺子屋塾式合格法の秘密です。 この3つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →