寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

暗記法のメリット。

アシスタント島崎です。

今日の質問は「暗記法のメリット」です。

あなたも感じているように運行管理者試験は難しくなってます。

そして、あなたの暗記力も年々衰えています。

 

最低18問正解。

各科目最低1問、または2問正解の縛りに引っかかり不合格になってしまうのは間違いなく暗記力の差です。

あなたもおわかりのように受験者10人に2人しか合格できない難易度の高い試験になってます。

 

もはや独学では合格が難しくなってます。

参考文献も過去問解説もすべての情報はインターネットでほぼ手には入いります。

しかも無料で。

 

にも関わらず、なぜ合格できないか、あなたはお分かりになりますか。

 

本当は、手に入れた情報だけで十分合格できます。

あなたはすでに十分な情報を持っているのです。

ですが、問題はあまりにも情報が多すぎてどれが正しい勉強の方法なのか、間違った勉強法なのか簡単に判断できない。

もう一つは覚えることがわかったとしても暗記力が伴わないからなかなか覚えられない。

焦る。

自信が持てなくなる。

 

理解することよりも暗記することが先です。

暗記すると理解が深まります。

一見逆のように思えます。

理解してから暗記する。

が正しいと。

 

合格する人は確実に正しい方法で勉強してます。

一番厄介なことには間違った方法で勉強をしている人は自分では気づかないことです。

 

不合格になってしまう人は何回も間違った方法を自分では修正できない。

同じ過ちを繰り返す、この悪い循環に陥りやすいです。

 

できるだけ早く、合格した人や合格者をたくさん出している専門機関に相談することをお薦めします。

 

今ならじゅうぶん間に合います。

あなたの勉強の方法が間違っていないか今一度確認しましょう。

暗記はただやみくもに取り組んではダメです。

 

もっと効率的な暗記法があります。

何度も繰り返しますが、あと1ヶ月を切ったら、勉強は暗記主体で進めましょう。

ではなく、今から暗記はスタートです。

 

あとで覚えるではダメです。

やりながら覚えていきましょう。

このことを忘れずに意識してください。

やりながら覚えることが必要です。

 

暗記に自信のない人は「寺子屋塾式暗記法」をお薦めします。

 

この方法、やり方は簡単です。

極端に言えば覚えるのではなくイメージするから試験場で復元できるのです。

写真に撮るように答えをまぶたに焼き付けていきます。

それが試験場で確実によみがえります。

 

暗記法で勉強した人は答えが目の前に浮かんでくると言います。

実践編では実際に出題された問題を覚えていきます。

今までの実績で2週間あればあと5問は正解数を増やすことが可能です。

 

身近の合格した人、合格者をたくさん出しているとこに相談することをお薦めします。

間違った勉強方法は絶対にしてはいけません。

今回の試験で試験勉強は終わりにする。

 

気持ちは「背水の陣」で立ち向かう。

今回合格できなかったら二度と合格することができない。

この覚悟で試験に望みましょう。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →