寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

最後まで諦めないと運を味方にできる。

5月の試験が近づいてきましたね。

今日は最後まで諦めないという話です。

試験に合格するか、落ちるかの差は一問の出来です。運行管理者の試験は約毎回3万人が受験して20-30%が合格する試験です。前回は40%近くまで合格率が上がりました。前前回は20%を切ってましたからその差は20%です。3万人の20%は6000人です。

私は今回試験が易しくなったとは思っていません。この6000人の合格者が増えた理由をこう思ってます。一つは試験が難しくなったため受験生が勉強量を増やした。もう一つは前回の試験では問30の問題に不備があって問30は全員が正解となる救済策が実施されました。この救済策が合格率を引き上げたと思ってます。易しくなったと油断してはいけないけど、問題の不備のようなラッキーも起きます。試験では運も実力のうちです。最後まで諦めなければ運を味方にできます。最後まで諦めずに頑張りましょう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →