寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

点呼施行者、必ず覚える。

点呼執行者について

点呼は事業所ごとに選任された運行管理者が行います。選任された運行管理者による点呼が勤務時間等の理由から完全に実施出来ない場合には、あらかじめ選任された運行管理者の補助者に点呼の一部を行わせることができます。

補助者は社内的な選任で足りますが、運行管理規程に補助者としての地位及び職務権限を明記しておかなければなりません。

補助者を任命する際は、運行管理者資格者証を取得している者又は国土交通大臣が認定する講習(基礎講習)の修了者から任命しなければなりません。ただし、補助者に点呼の一部を行わせる場合であっても、選任されている運行管理者が行う点呼は、月単位で換算して、総回数の 3 分の 1 以上でなければなりません。

 

アメーバブログで運行管理者試験情報を発信してます。 mail3_1

back7_1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は2つ。 1.過去問学習法 2.暗記法 です。 この2つが寺子屋塾式合格法の秘密の両輪です。 この2つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →

最近の投稿