寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

試験の出題範囲

試験のこと、勉強方法のこと、いろんなこと、相談メールを紹介しています。

アシスタントの島崎です。

今日の質問は試験の出題範囲についてです。

簡単にいえば5つの分野です。

道路運送法、貨物自動車運送事業法、道路運送車両法、労働基準法などの法令等並びに運行管理者の業務に関し必要な実務上の知識及び能力について出題されます。

これは誰もが知ってる情報です。試験センターが公表してますから。

でも、5つの分野のどこが出るかは公表されていません。あまりにも大まかすぎます。

出題範囲は公表されていませんが、推測する方法が1つあります。

答えは過去問を分析することです。

過去問を分析することで、70から80%以上予測が可能です。

過去問をやる意味はこんなところにもあるんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は2つ。 1.過去問学習法 2.暗記法 です。 この2つが寺子屋塾式合格法の秘密の両輪です。 この2つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →