寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

運行管理者と事業者の業務と責任、必要な実務上の知識及び能力

問22,23は労働基準法の定形問題です。これは後回しにして次の問24を先に解説します。
22,23は後ほど動画で説明します。今日から「運行管理者の業務に関し必要な実務上の知識及び能力」です。

この分野での出題は実務に直結しています。

試験まで後残り90日です。

24-1
問題文を見てみましょう。
問24 運行管理に関する次の記述のうち、適切なものには解答用紙の「適」の欄に、適切でないものには解答用紙の「不適」の欄にマークしなさい。
設問文を見てみましょう。
1.運行管理者は、自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の代理人として事業用自動車の輸送の安全確保に関する業務全般を行い、交通事故を防止する役割を担っている。したがって、事故が発生した場合には、事業者と同等の責任を負うこととなる。
答えは 不適です。
運行管理者は、事業者に代わって事業用自動車の輸送の安全確保に関する業務全般を行い、また、交通事故を防止する重要な役割を担っている。しかし、事業者と全く同じ責任を負っているとはいえない。事故が発生した場合に於いても運行管理者の業務を適切に実施している場合は事業者と同等の責任を負うことにはならない。
運行管理者、整備管理者、事業者と各々の責任分担がある。
原因によっては運行管理者の責任ではない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →