寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

過去問からわかること、出題される問題がわかります。

試験は3月6日です。

34日、試験までの日数です。

前回「報告と速報」についてお話しました。

今回は27年1回試験問5ー3.4.についてお話をする予定でしたが、それは次回にします。

問い合わせが多いので!

今回は今寺子屋塾のセミナーで行っている傾向と対策でどんなことをしているかについてお話します。

さて、過去問が大事だと何度も言っています。

なぜ、そう言えるかはデータを分析しているから言えます。

まず、分析にあたってのデータは24年から27年1回試験までの過去8回分のデータを分析してます。

これも理由があって24年度の2回試験から急激に試験の難易度があがって合格がいきなり難しくなったからです。

それ以前の試験とは全く出題される問題の傾向が変化しました。

理由は金沢のバス事故が起こったからです。

事故に対応して試験がいきなり難しくなりました。

この点については無料メルマガのセミナーで詳しく説明いてます。

配信されているメルマガを御覧ください。

現在配信している無料メルマガは2種類、過去問と試験の攻略法とありますので注意してください。

詳しくはホームページを御覧ください。

この8回の試験の240問を分析した結果から過去問が出題されたら必ず正解すれば合格できます。

断言できます。

実際にはこの240問のうち、応用問題、労働基準法の定形問題を除いた問題を分析したをわかりやルク説明しました。

それではどういう問題が出題されていたかを説明します。

貨物自動車運送事業法を例に話します。

 


貨物自動車運送事業法は8回分の問数は64問で設問数では256設問があります(
設問数各問4設問)。


この内

運行管理者の業務13%、点呼13%、報告(速報)・・・、過労運転の防止・・・、指導監督・・・で問題だけで61%を占めています。

これにあえて言えば、記録、輸送の安全、積載を加えれば82%になります。

そして、尚且つその中の問を見ると同じ問題が何回も出題されています。

過去問分析によって、無駄なことはしなくていいことがわかります。

出題されるところがわかっているのだから後はそれを繰り返し「やる」だけです。

仕事を持っていることを考えたら試験勉強だけに集中することは難しいのが現実です。

だから、効率的な勉強を進めて行きましょう。

誤解されては困りますが、楽して合格する方法を工夫しましょう。

時間を有効に使って今回の試験で必ず合格しましょう。

なお、この「傾向と対策」はセミナーに出席できない塾生には5日より動画にて配信スタートします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は2つ。 1.過去問学習法 2.暗記法 です。 この2つが寺子屋塾式合格法の秘密の両輪です。 この2つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →

最近の投稿