寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

静止視力、動体視力、用語の解説、

試験まで後18日です。

今日の用語な解説は静止視力、動体視力です。

静止視力

静止視力とは、運転者が静止した状態で先にある信号や道路標識、道路標示など、静止しているものを見分ける能力のことをいいます。
静止視力を測定するために、視力検査で皆さんにもお馴染みの、主にCの形のランドルト環が描かれた視力表を用います。静止視力が悪くなるほど、小さなランドルト環の切れ目を判別しづらくなります。

動体視力

動体視力とは、交通量の多い交差点で左右に走行する車や、対向車の動きなど、動いているものを眼で捉えて追う能力のことをいいます。
静止視力は、静止した状態で測定しますが、動くものを見る動体視力は静止視力より低下する傾向があります。
また、加齢とともに動体視力は低下していきます。そのため75歳以上の方が運転免許を更新するときには、高齢者講習で動体視力の検査が行われます。

動体視力は加齢による低下率や個人差が多くなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →