寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

26年臨時、問30、応用問題

問30

問30 下図は、乗車定員2名、最大積載量6,400キログラム、車両総重量が11,020キログラムの事業用トラックに備えられた運行記録計の記録を示したものであるが、この記録に基づく当該事業用トラックの運行(交替運転者の配置はない。)に関する次の1~3について解答しなさい。なお、運行した高速自動車国道の本線車道(法令による最低速度を定めない本線車道に該当しないもの。以下「高速道路」という。)は道路標識等により最高速度が指定されていないものとする。

タコグラフ

1.運行開始から運行終了の間における平均時速(キロメートル)を、解答用紙の該当する数字の欄にマークして解答しなさい。なお、解答として求めた数値に1未満の端数がある場合には、小数点第1位を四捨五入すること。

2.高速道路の運行において、最高速度違反が認められない場合は解答用紙の「適」の欄に、最高速度違反が認められる場合は解答用紙の「不適」の欄にマークしなさい。

3.運行開始から運行終了の間において「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」に定める連続運転時間の違反が認められない場合は解答用紙の「適」の欄に、連続運転時間の違反が認められる場合は解答用紙の「不適」の欄にマークしなさい。

 

 

 

問30 正解 1.40km/h 2.不適 3.不適

 

1.時刻の記録を見ると、運行開始時間が4時50分、運行終了時間が9時20分である。よって運行開始から終了までは4時間30分である。

距離の記録は走行距離は180キロメートルである。

よって、運行開始から運行終了の間における平均時速は、180km÷4.5時間=40km/hである。

 

2.最大積載量が6,400kgで車両総重量が11,020kgの事業用トラックを使用している。

車両総重量8,000kg又は最大積載量5,000kg以上の貨物自動車の場合、道路標識等により最高速度が指定されていない高速道路における最高速度は80 km/hである。

よって、速度の記録は高速道路において80km/hを超えて走行している箇所があるので最高速度違反をしている。

 

3.連続運転時間は4時間を超えてはならず、運転開始後4時間以内または4時間経過直後に30分以上運転を中断しなければならない。

時刻の記録は運転時間が4時間に達した時点で25分(10分+15分)しか運転中断をしていない。

連続運転時間の違反である。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は3つ。 1.ヤマを張ることがうまい。 2. 暗記法 3.過去問学習法 です。 この3つが寺子屋塾式合格法の秘密です。 この3つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →