寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

29年2回試験問題 問23

関連記事

コメント

    • 佐藤 靜男
    • 2018年 5月 24日

    H29年2回目問23で解答は選択肢3になっておりますが、第三週の16日に10hを入れますと
    16日特定日10時間で改善基準違反となるのではないのかと思います。
    選択肢2は時間は長いのですが改善基準基準に違反なく選択肢2が正解のように
    思えるのは間違いでしょうかお伺い申し上げます。

    • 佐藤さん

      ご質問の件

      与件でも説明したとおり

      運転時間の限度

      (1)1日の運転時間

      1日の運転時間は2日ごとの平均で9時間以内にする必要があります。1日当たりの運転時間の計算に当たっては、特定の日を起算日として2日ごとに区切り、その2日間の平均とすることが望ましいですが、少なくとも3日間のうち1日目と2日目の平均及び2日目と3日目の平均がそれぞれ9時間を超える場合は改善基準に違反することになります。

      と説明をいたしました。

      「少なくとも3日間のうち1日目と2日目の平均及び2日目と3日目の平均がそれぞれ9時間を超える場合は改善基準に違反することになります。」

      この部分が一番重要で間違いやすい点です。

      「それぞれ」が入っていることを確認してください。

      言い換えると「3日間のうち1日目と2日目の平均が9時間を超え、なおかつ、2日目と3日目の平均が9時間を超える場合は改善基準に違反することになります。」

      よって、3日間のうち1日目と2日目の平均と2日目と3日目の平均の両方が9時間を超えた場合は改善基準に違反しますが、片方だけ9時間を超えた場合は違反していないことになります。
      ————————————
      寺子屋塾で過去問の説明で数式で表したものがありますので引用します。

      1日の運転時間の計算に当たっては、特定の日を起算日として2日ごとに区切り、その2日間の平均とすることが望ましいが、特定日の最大運転時間が改善基準に違反するか否かは、次によって判断すること。

      特定日の運転時間をa、特定日の前日の運転時間をb、特定日の翌日の運転時間をcとすると、

      a+b/2>(9時間) (かつ) a+c/2>(9時間)

      の場合は、改善基準に違反することとなる。

      ————————————
      出題確率の高い問題です。また間違いやすいポイントです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は3つ。 1.ヤマを張ることがうまい。 2. 暗記法 3.過去問学習法 です。 この3つが寺子屋塾式合格法の秘密です。 この3つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →