寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

26年度二回、試験問題解答解説、運行管理者の講習、寺子屋塾運行管理者

26年度二回、試験問題解答解説
問題文を見てみましょう
問2一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)が、国土交通省令の定めにより、運行管理者に受けさせなければならない講習に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。
設問文を確認します。
1.事業者は、新たに専任した運行管理者に、選任届出をした日に属する年度(やむを得ない利用がある場合にあっては、当該年度の翌年度)に基礎講習又は一般講習(基礎講習を受講していない当該運行管理者にあっては、基礎講習)を受講させなければならない。
この問題は、運行管理者ならば厳しくチェックされる事項です。
実務をしていれば知らなくてはなりません。
この事項が守られていない事業所が多く、今後も運行管理者の受ける講義は重要事項です。
しかし、当たり前すぎて戸惑ってしまった方が多いのではないでしょうか。
条文を見てみましょう。
平成24年4月16日に施行された内容です。
運行管理者講習について
旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部改正
について(平成24年3月28日交付、平成24年4月16日施行)
●基礎講習の義務付けについて
1 .新たに選任した運行管理者」については、選任届出をした日の属する年度(やむを得ない理由がある場合にあっては、当該年度の翌年度)に基礎受講又は一般講習 (基礎講習を受講していない当該運行管理者にあっては 、基礎講習)を受講させなければならない。
※「新たに選任した運行管理者」とは
当該事業者において初めて選任された者をいい、当該事業者において過去に運行管理者として選任されていた者や他の営業所において選任されていた者は、新たに選任した運行管理者に該当しない。ただし他の事業者において運行管理者に選任されていた者であっても当該事業者において運行管理者として選任されたことがなければ新たに選任した運行管理者とする。
よって、この設問文は正しいです。メールセミナー(10回)の登録は

こちらです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋式合格法の特徴は3つ。 1.ヤマを張ることがうまい。 2. 暗記法 3.過去問学習法 です。 この3つが寺子屋塾式合格法の秘密です。 この3つで、 あなたは時間を効果的に使いに使い驚くほど簡単に資格を手に入れることができます。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →