寺子屋塾運行管理者、勉強嫌い暗記が苦手でも合格

問3-4、26年度2回試験、運行管理者の業務、寺子屋塾運行管理者

問3-4
問題文
問3 次の記述のうち、一般貨物自動車運送事業の運行管理者の行わなければならない業務として正しいものを2つ選び、解答用紙に該当する欄にマークしなさい。
設問文を見てみましょう。
4.事業用自動車に備えられた非常信号用具及び消火器の取扱いについて、当該事業用自動車の乗務員に対する適切な指導をしなければならない。
条文を見てみましょう。
貨物自動車運送事業輸送安全規則
(従業員に対する指導及び監督)
第十条
3  貨物自動車運送事業者は、事業用自動車に備えられた非常信号用具及び消火器の取扱いについて、当該事業用自動車の乗務員に対する適切な指導をしなければならない。
運行管理者の業務ではなく、事業者の業務です。
よって、設問文は間違い。
このように運行管理者の業務に関する問題は事業主の業務か、運行管理者の業務か、を問われる問題が多い。これが明確に答えられるようにしなくてはなりません。

運行管理者になって自分の業務を理解してないのはダメですよね。

運行管理者の業務は試験においては最重要事項です。
だから、間違ったらダメな、正解し無くてはならないサービス問題です。

また、メールセミナー(10回)の登録はこちらです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

土屋 治紀

土屋 治紀

寺子屋塾運行管理者の土屋治紀です。 トラックの安全な運行を実施する国家資格が運行管理者です。 運行管理者が運営する資格取得のためのブログです。 何度挑戦しても合格できず苦戦しているあなたのためのブログです。 資格をとることはスタートラインに立つこと。 それからが本番です。 資格を取ることに無駄な時間を費やしてはいけません。 私も経験しているから、あなたの辛い思いがわかります。 「合格するぞ」が「辛い」に変わる瞬間を知ってます。 辛い思いを繰り返してはいけません。 仕事をしているあなたの時間をムダにしないための寺子屋塾です。 何回も繰り返していることですが、 「お金は稼ごうと思えばいつでも稼ぐことができます。 でも、失った時間は取り戻せません。」 試験までにあなたに与えられた時間は最大で半年です。 この時間を無駄なく活かしたいと思っているあなたの塾です。 寺子屋塾運行管理者 土屋治紀

プロフィールを表示 →